よくあるご質問

Qイメージ

Q.引越しの見積りはいつとればいいでしょうか?

A.引越先の住所が確定し、引越日時を決める段階、または決まった段階で見積りをしましょう。早めに引越の予算や、段取りが確定すると気持ちも楽になります。また、引越業者さんも早めの段取りが取れるので、急な対応をしなくて良い分コストも安くつくかも!?

ライン

Qイメージ

Q.引越し費用を安くするためにはどうしたら良いですか?

A.引越し費用を安くするためには、以下の方法をおすすめします。
1.引越を手伝う人員を増やす。
例】何も手伝わないいわゆる丸投げは、引越業者の人員が多く必要ですので高くなります。梱包も、搬出、搬入も大人(男)2名が、フルで手伝う。というと安く交渉できます。
2.荷物を減らす
例】ダンボールの体積に応じ、引越価格は変動します。不要なものは、事前にフリーマケットなどで売ってしまいましょう。捨てるものは、捨ててしまいましょう。
3.繁盛期を避ける
引越シーズンの3〜4月と9、12月は、引越業者も忙しいので避けると値引きが行いやすくなります。

ライン

Qイメージ

Q.引越の金額確定は、どのように決まりますか?

A.激安引越コムでは、一次見積りまでのサポートを行います。実際には、業者によりますが下見見積り(二次見積り)で交渉後に最終見積りという流れになるケースが多いです。引越業者の「訪問下見」は、多くの業者が基本としています。安くしたいのであれば、業者さんに荷物を見ていただき、しっかり「交渉」しましょう!

ライン

Qイメージ

Q.引越業者から追加見積りが取られるというのは本当?

A.引越は、引越を行うモノの量と、距離、人手、で計算されます。モノは、見積りを行った段階と、実際に引っ越す段階で異なることがあります。見積りを行った段階になかった、大きなものがあると追加見積りになる場合があります。追加見積りをなくすためには、事前に引越業者さんにしっかり見積もりを取っていただきましょう。

ライン

Qイメージ

Q.夜間の引越はできますか?

A.基本的に可能ですが、引越業者にはっきりと告げておきましょう。 業者によりますが、タクシーなどと同じように夜間対応の場合は人件費が高くなるため、若干の割高対応に なることが予想されます。 事前に、引越業者としっかり打合せを行い、スムーズな引越ができるようにしましょう。

ライン

Qイメージ

Q.ダンボールが足りないんですが…?

A.引越業者さんが決定していれば、「ダンボールください」というと基本的にもってきてくれます。 ダンボール費用は、別途有料か、無料か事前に確認しておきましょう。 その他、スーパーや、文房具店、ドラッグストアなどの商業施設でお願いするともらえることがあります。 安くするためには、地道に集めるのが得策です。

ライン

Qイメージ

Q.引越先のインターネットの手配などはどうしたら良いですか?

A.まず、今お使いのプロバイダーに確認しましょう。早めに手続きをしないと、引越先では、サービスエリア外の場合があります。今お使いのプロバイダーが引っ越し先で使えない場合は、新規申込みとなりますので時間がかかる ことが想定されますので、早く確認をすることをオススメします。

 

引越し一括見積りはこちらから!